異常を感じたらすぐ病院へ行こう

婦人科で対策方法を聞こう

すぐトイレに行く習慣を身につけよう

トイレに行くことを、いつもガマンしている人がいます。
しかし尿をガマンしすぎることが、膀胱炎の原因になります。
膀胱に大きな負担を与える行為は、やめてください。
トイレに行きたいと思ったら、すぐに言ってください。
ですが仕事の都合で、どうしてもトイレに行けないことが考えられます。
特に会議中などは、途中で抜けだすことはできないでしょう。

最初から会議でトイレに行く時間を確保することができないと思ったら、前もってトイレに行っておきましょう。
すると会議中にトイレに行かなくて済みます。
尿が出そうではなくても、念のためトイレに行ってください。
行ける時に行かないと、尿をずっとガマンしてしまいます。
それが続くと、膀胱炎になります。

水分補給を意識しよう

身体の水分が足りていないことが原因で、尿が作られません。
すると排尿するタイミングが分からなくなるので、ずっと膀胱に尿が溜まったままになります。
尿がずっと膀胱に溜め込まれていると、炎症を起こします。
それが膀胱炎です。
水分補給をして、尿をスムーズに排出する意識を持ってください。

水分を摂取すれば尿が出るので、仕事中は控えている人も見られます。
ですが、きちんとトイレに行けば問題ありません。
仕事の合間にトイレに行く習慣を忘れないでください。
水を飲むことは、体調管理にも繋がります。
免疫力が低下している時に膀胱炎になりやすいので、免疫力を高めることを忘れないでください。
冬場は水分補給を忘れがちなので、積極的に飲みましょう。